現在、乳癌における診療は急激な変化を遂げており、
昔の様に単純なものではありません。
乳房温存治療の普及とともに治療法は多様化し、
より良い治療方針を決めるための詳しい術前診断と、
より適切な治療法を選択することを要求される時代となっております。
これからの乳腺疾患診療は、乳腺のスペシャリスト
(乳腺医やブレスト・ケア・ナース等)が、高いレベルの診断や治療、
ケアを行っていくべきなのです。
 

Copyright(C)1999 Nagase Breast Clinic